スポンサーリンク

【同い年なのに仕事で差を付けられてませんか?】出来ない奴にならないためには知識(手札)を増やそう!

未分類
この記事は約2分で読めます。


最近思うのですが、

なんで人間の能力って同い年でも差が出るんだろう?


だって生まれた時の赤ちゃんってほとんど能力に差がないですよね?


多分小学1年生ぐらいもそこまで大きな差はないと思います(もちろん天賦の才を持ってたり、生まれた時から教育を受けていたとかは除きます)


多分顕著に差が出始めるってのが中学生ぐらいだと思います

足が速い人、勉強が得意な人、スポーツが得意な人、コミュニケーション力の高い人、人見知りな人などなど色んな能力の差が出てきますよね?


さらに時は流れ社会に出た時、その時明確に差を感じました。

ほんとに俺と同い年かよ…って思うほど仕事もできて知識もあるけどコミュ力ゼロな同期、マジでこれで同い年?って思うほど知識ゼロでお馬鹿だけど親しみやすくてコミュ力高い同期

どうしてこんな差が出るんだろう…?

色々な理由があると思いますが僕は

やはり経験の差だと思います


沢山人と話すバイトをした、教授や先生に気に入られ様々な勉強をする機会があった、ボランティアをして新たな世界を知ったなど、やはり経験値が沢山ある人間は能力やスキルが高いことが多いです(ドラクエと同じですね笑)


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

僕なりの経験値の上げ方


確かに旅行をする、○○教室にいくなどは新たな経験値を稼ぐ方法としては素晴らしいと思います。ですがお金が、とか時間が、とか休みが、とかなかなか障壁がある人も多いと思います


そこで僕はやはり、

本をオススメします!

本は小説ではその物語を体験出来るし、ビジネス書ならその著者の講義を受けられます。SFなら新たな発想が、ミステリーやサスペンスなら日常では味わえないスリルや衝撃が味わえます!さらに時間を選ばず自分のペースで読めるこれも読書のいい所ですよね

スポンサーリンク

自分の出せるカードを増やす

本を読むことは自分の手札を増やして切れるカードを増やす事に似ていると思います

やはりトランプやカードゲームでも状況に応じて出せるカードが多い方が有利ですよね?

しかも大富豪なんかとは違い知識の手札は持ちすぎていても困ることはないです!(多分ね♠)


そんなことを思いながら僕は今日も手札を増やしていってます!ドロー!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました