スポンサーリンク

【徳川家康は天下を統一した一方でビビってうんこを漏らしていた!?】日本史が楽しくなる!東大教授がおしえる やばい日本史

おすすめ本
www.amazon.co.jp/dp/447810395X
この記事は約4分で読めます。

皆さんは日本史が好きですか?

僕は割と歴史系は好きなんですが

たまに

「歴史に親でも殺されたのか?」

てぐらい嫌いな同級生とか学生時代にいましたよね

そこで何故そんなに歴史が嫌いなのか、

私なりに考えた所、

「想像出来ないから面白くない」

というのが大きいんじゃないか?

と思い始めました

というのも、

私達は石器を使って狩りをしたことも、

米を作ったことも(米農家のせがれだったらごめんなさい)、

刀で切りあったこともないのだから

歴史が現実味を帯びていないのもまあ、わかる気がします

でも実は偉人達も割と現代人と変わらない

「やばい」

一面を持っているというのが今回紹介する本です!

これを読んで、偉人でも

うんこ漏らすんだ

と親近感を持って歴史に触れれば少しは歴史嫌いも治るのではないでしょうか!笑

※ついでに覚えやすいように私の偉人のイメージ画像も挟んでいきます

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

実は引きこもりのババア 卑弥呼

卑弥呼と言えば日本で初めての

女王として有名で予言や占いで民を導いたとされています
しかし卑弥呼は実は…

引きこもりのおばさん

でした

画像はイメージです

伝達役は弟に任せて自分はずっと引きこもっていたらしいです笑

こんな美少女を想像してたのに…

スポンサーリンク

上から目線で隋の皇帝をブチ切れさせる 聖徳太子

聖徳太子は頭脳明晰で

冠位十二階十七条憲法を作った偉人です

彼の伝説では10人もの話を一気に聞いてアドバイスを送るなど飛鳥時代のスターです

www.amazon.co.jp/dp/408873016X

再び画像はイメージです

しかし当時の超大国である隋にこんな手紙を送ってしまいます

「日出る処の天子、書を、日没する処の天子に致す。恙なきや。」

これは日が出る所(日本)から日が沈む所()に書を送る的な意味なのですが

これでは隋はやがて沈んでしまう!

ましてや小さい島国の日本が自分と同じ天子と書いてんじゃねぇ!

と隋の皇帝こと煬帝ブチギレてしまいます

デキる太子の上から目線が生んだ災いです

でも1番不憫なのはこの手紙を隋まで太子のお使いで届けに行った小野妹子なんだよなぁ…

再三言いますがイメージ画像です

スポンサーリンク

うつけを通り越してイタい厨二病だった 織田信長

やはりイメージ画像です

織田信長と言えば「泣かぬなら殺してしまえホトトギス」で有名な日本を代表するワンマン大名

天下統一目前で本能寺の変で死んでしまう悲劇の大名です

信長の野望などゲームが発売されるほど人気の武将です

しかし彼はうつけどころか厨二病をだいぶ拗らせた武将でした

それは信長が延暦寺を焼き討ちにした際に武田信玄がそらゃないだろと怒ります

そこで信長は信玄への手紙に「第六天魔王 信長」と返します

これは現代風に言うと

✝︎堕天の王✝︎信長

※イメージ画像です

のようなものです笑

まるで中学時代の黒歴史が蘇るようですね

スポンサーリンク

武田信玄が怖すぎてうんこを漏らす 徳川家康

これは本物

鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギスで知られる徳川家康

信長の死後ちゃっかり天下人となった家康ですが

若い頃は信長についていて武田軍と闘うことになったのですが

若造の家康対戦国最強とも言われる武田軍。

当然ボコボコにされてしまいます

味方が次々殺されていく中、家康は命からがら逃げますが、その途中

恐怖しすぎて、うんこを漏らしてしまいます

あの天下の家康でさえうんこを漏らしていると思うとなんか安心しますよね笑

スポンサーリンク

実は武将オタク 松尾芭蕉

※イメージ画像です

松尾芭蕉は俳句の中にわびさびを見出し

「古池や蛙飛び込む水の音」など有名な句を生み出した俳人です

しかし彼はかなりの武将オタク

中でも源義仲が好きすぎて

死んだら私も義仲の墓の隣に埋めてくれ!と頼み込んだそうです

スポンサーリンク

立ちション大好き 坂本龍馬

坂本龍馬と言えば日本初の商社を作ったり薩長同盟を成立させたり幕末の立役者的存在です

そんな龍馬でしたがなんと、

13歳までおねしょをしていたそうです

もうわかっているかもしれませんがイメージ画像です

そして剣術仲間の武市半平太の家に行くと

何故か玄関の門に向かって毎回立ちションしてたらしいです

武市半平太は龍馬がする事だから

きっと何か意味があるのだろう

と思っていたらしいです笑

嫁はキレてたらしいですが

スポンサーリンク

終わりに

いかがでしたでしょうか?意外と偉人もやべーやつだらけなんだなと思えば日本史を学ぶのも少し楽しくなってきたりならなかったり

気になる人はぜひ買って読んでみてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました