スポンサーリンク

何にでも予防線張るのってマジでダサくない?

雑談
この記事は約2分で読めます。

この世で最もダサいことの1つ

そう、予防線を常に張るやつだ

例えば

  • 俺、今日喉の調子悪いからなぁ〜(カラオケ時)
  • 全然勉強してないわ〜(テスト時)
  • 今日は疲れてたからな〜
  • 初心者ですが〇〇してみました
  • ブランクが〜
  • 私って可愛くないから〜
  • 俺ってブサイクだから〜

だせぇぞ、まじで

だってやる前から失敗した時の言い訳を考えてるんだぜ?ダサいにも程があると思うだろ?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

何故予防線を張ってしまうのか?

心理学的に言うとこれは

セルフハンディキャップと言うらしい


セルフ・ハンディキャッピングとは、自分の失敗を外的条件に求め、成功を内的条件に求めるための機会を増すような、行動や行為の選択のことを指す概念。エドワード・E・ジョーンズらによって提唱された。自分自身にハンディキャップを付けること、という意味である。

Wikipediaより

失敗した時に無意識に自分を守ってる状態

これを使うやつは謙遜してるように見えてプライドが高いし自分の保身のことしか考えていない

そのくせ自分をやたらとよく見せようとするためタチが悪い

もし周りにこんな上司がいたら着いていくのはやめた方がいい

高確率で裏切られ捨て駒にされる

スポンサーリンク

自信のある奴には永遠に勝てない

たしかにセルフハンディキャップは自分は傷つかなくていいかもしれない

しかし自信のある人間には決して勝てない

初心者だけど〜より、一生懸命自分なりにやってベストを尽くしました!の方が失敗しても確実に印象がいい

何より自分の悪かったところを反省できる

セルフハンディキャップでまあ〜だししょうがないと自分に言い聞かせると自分は傷つかないが失敗を反省しないので全く成長しない

結局自信がある人間との差は縮まらない

成長したいのなら

自分に言い訳をするのはやめてぶつかって行く

べきである

コメント

タイトルとURLをコピーしました